老人ホームの選び方①

公開日:

更新日:2018/09/01

カテゴリー: グループ会社 | 不動産センター | 老人ホーム・老人ホーム紹介センター


 最近いらっしゃる老人ホームをお探しの方から

「どういうホームが良いのか分からない」といった声が増えています。

当然といえば当然です。

気にはなっていても、その時になるまではあまり縁が無いんです。

その割に、いざとなると緊急性が高い!!

なので、何が良いかも分からず、とりあえず「安いから」とか「近いから」とかで

決めてしまって、後で「しまった!!」となるケースがあります。

そこで数回に分けて「老人ホームの選び方」をお伝えしてまいります。

 

本日は・・・「見学時のポイント!」です。

「実際に施設を見ても、全て同じに見えるんですけど・・・」

実際にご案内したお客様からの声です。

見学の際に何を確認しなければならないか知っていないと

いくら施設を見ても良し悪しの判断がつきませんよね?

「介護職員がきちんと挨拶をしてくれるか」
「ヘルパーの服装や身なりがきちんとしているか」
「施設内の清掃が行き届いていて清潔か」
一昔前からよく言われている老人ホームのチェックポイントがあります。

ただ、昔と違って職員の挨拶は非常に良いものの、

介護の実際は酷い・・・そんな施設もあります。

施設職員の対外的な態度は施設長が強制できます。

つまり良くも悪くも教育できてしまいます。

では、介護の質を見極めるためには、何をチェックしなければならないのか?

ずばり!!

認知症の入居者の介護現場を見せてもらうのが一番良いです!!

介護で一番重要なことは、入居者にどれだけ寄り添うことができるか・・・

ちょっと大げさに書くと、その個人をどれだけ理解して、その尊厳を大事に思うかということです。

寄り添う姿勢がない介護現場の特徴としては、

・認知症の方が怯えている。

・お地蔵さんのように無表情。

だったりします。

 

逆に、寄り添ってくれる施設では、

・認知症の方が穏やか

・優しい表情

で暮らしています。

 

ただでさえ忙しい介護現場で、実際に寄り添うことはとても大変なことです。

見学の際には、認知症の介護現場を見せてもらい、介護されている認知症の方の表情をチェックしてください。

優しく穏やかな表情であれば、かなり安心できると思いますよ。

By中井

不動産センター㈱グループ

横須賀相談窓口

みはる訪問看護ステーション

みはる訪問看護ステーション久里浜

不動産センター株式会社