高齢者住宅の悩み事・・・自宅を改修(リフォーム)したい

公開日:

カテゴリー: 不動産センター | 住まい | 横須賀 高齢者・シニア相談物件 | 物件ブログ


当社に寄せられる高齢者からの相談事で多くなっているのが

バリアフリーや手すりをつけたいといういわゆる「住宅改修」についてです。

具体的には
・床の段差
・トイレやお風呂の手すり
・玄関の段差解消

等が多いのいですが、内容よりも資金が足りないかも・・・・
と悩んでる方が非常にい多いです。

ですがちょっと待って!!

介護保険制度では、夫婦のどちらかが要支援、または要介護認定を受けていれば、
改修費用の9割が保険から支給される制度があります(支給は18万円が上限)。

 

ちなみに横須賀市にはこんな制度があります。
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3050/g_info/l100050601.html

ちょっと抜粋しますと・・・

在宅での生活に支障が無いように、

手すりの取付け等特定の住宅改修を行った場合に、

一定の限度額内においてかかった費用の9割(一定以上所得者の場合は8割)

が住宅改修費として支給されます。

対象者は、要支援1、2または要介護1から5の認定を受けている在宅の被保険者

となっています。

簡単に言うと、要支援・要介護の方は20万円以内の工事に対して
(手すりやバリアフリー工事)

9割負担してくれる。。。と覚えておけばOKです。

申請や詳細その他はキチンと調べないとダメですが、

ちょっと不便になってきた自宅だけど、お金ないから諦めてお住まい続ける・・・

なんて考えなくても良いんです!!

細かくはキチンとお伝えしまうのでお気軽にご連絡くださいね。
(工事業者のご紹介や見積もりなどは全て無料です!!)

By 中井

不動産センター㈱グループ

横須賀相談窓口

みはる訪問看護ステーション

みはる訪問看護ステーション久里浜

不動産センター株式会社